バセドウ病の人が南国に住むと体調良くなるってホント?

LINEで送る
Pocket

今日は気になってる人もいるかもしれないので住む環境でどのくらい体調が変化したのかを書いていこうかと思います。
プロフィールにも書いてあるのですが、私はマレーシアと日本を中心に生活しています。
赤道に近く、マレーシアでは一年を通じて熱帯、常夏の気候です。
年間の日中平均気温は27~33℃と比較的過ごしやすく、夜なんかは涼しいくらいの気温になります。
私だけかもしれませんが、日本にいる時に寒くなると凄く体調がすぐれなかったり、朝起きようと思っても、いつも以上の頭痛や無気力感に襲われたりすることがあります。
私は甲状腺機能低下症になってからというもの、気温が低いととにかく体調が悪くなります。
そのためか、常夏のマレーシアにいるととても体調がいいのです。
朝起きたら海をみて、美味しいアジアンフードを食べて、夜はお酒を飲みながら過ごせる、とてもいい国だと思っています。
日本と違って、時計なんてほとんどありません。皆何となくで過ごしてる雰囲気があります。
何事にもせかされないこのお国柄も、日本とは違って過ごしやすいいいところの一つなのかもしれませんね。
マレーシアには色んなビザがあるみたいです。
同じ病気で移住してきてる人も沢山いらっしゃるようです。
他にも自分にあった気候や、国を探してみるのもいいかと思います。
日本国内にしがみついて苦しい生活をずっと送るよりも、もっと視野を広げて選択肢を広げてみたらどうでしょうか。
私のように、四季がない気候のほうがとても楽に生活を送れる人もいるのですから。