『バセドウ病とは?』甲状腺機能が正常じゃない?

LINEで送る
Pocket

甲状腺機能亢進症と診断されるまでの症状を簡単に説明したいと思います。

最初は仕事が忙しく、自分の体が悲鳴をあげているのにも気が付きませんでした。

それが次第に、手が尋常じゃないくらい震えるようになり、まともにペンを持って字を書く事も、箸を持ってオカズを口元まで運ぶこともできなくなりました。

それでもだましだまし生活していたのですが、ついに仕事にまで影響を与えはじめたので病院に行くことを決意し、大きい総合病院へ行きました。

しかーし!

なんと‥、原因不明と診断され、諦めかけていたその時、もっと詳しい実績のあるお医者さんが近くで開業医をしているから相談してみたらいいかもしれないと紹介してもらったところ。

そこで診断された病名は『バセドウ病』名前は聞いたことがあったのだけれど、女性に多く、男性がなるのは珍しいらしく、その為に精密検査をしたにもかかわらず最初は原因を見つけられなかったのかもしれません。

トホホ‥

もし、これを読んでくれている貴方が似たような症状で検査する時、心配なら甲状腺ホルモンの数値を見てほしいと自らお願いするのもいいかもしれませんね。通常の血液検査とは種類が違うらしく、私のように見落とされて気が付かないこともあるかもしれません。